お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » コミュなび

コミュなび

「現場の声」を元にしてつくられたクラウドサービス、「コミュなび」について、導入事例や特徴、費用等をまとめていますのでご覧ください。

コミュなびの導入事例

確実な乗車管理、預かり保育管理ができるように

それぞれのシステムが連動することにより、一つの作業で全てに反映し、負担軽減につながっていると感じます。

「出欠預かりなび」で申請した内容が、「バスなび」「精算なび」に反映され、確認できることで、確実な乗車管理、預かり保育管理ができるようになりました。

クラウド上に、情報が管理されていることで、園内どこにいても、確認できることは、便利だと思います。

参照元:コミュなび(https://www.tecraft.jp/navi/hp/example/)

解決するまでサポートをしてくれる

臨時休園や行事変更などの緊急連絡時に、一括で連絡が行える点と、クラス別や個別の連絡も行える点は、非常に助かっております。

また、システムで不明な点が出てきても、その都度、解決するまでサポートをしていただける点も非常に助かっております。

参照元:コミュなび(https://www.tecraft.jp/navi/hp/example/)

伝達ミスやドタバタが解消

  • 欠席やバスキャンセルなどの電話対応が必要なくなり、担任・バス担当・預かり保育担当・歩きコース点呼担当職員での情報共有が可能になり、伝達ミスやドタバタが解消。
  • 欠席理由を入力していただくことで、感染症の状況把握に便利。
  • 過去の申請状況を一覧で見ることができ、その日以前の出欠などのデータを確認することができるので便利。
  • お迎えの時間などの急な変更の申請も、タイムリーに表示されるため、子どもにすぐに伝えられるので安心できる。

参照元:コミュなび(https://www.tecraft.jp/navi/hp/example/)

コミュなびの機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

コミュなびの費用

※費用はいずれも年額

コミュなびの特徴

「現場の声」から生まれたシステム

コミュなびは幼稚園や保育園の「現場の声」から生まれたシステム。「こういった機能があればな」「ここがこうだと便利なのに…」といった声から生まれました。

コミュなびを開発している「株式会社テクノクラフト」は、グループに幼稚園や認定こども園、さらには幼稚園教諭を育成する専門学校があります。

そのため、「現場の声」を最大限に生かして開発されたシステムです。

クラウドサービスだから導入が簡単

コミュなびは、サーバーや車載器など、導入にあたっての専用機器は必要ありません。

インターネット環境さえあれば導入が可能なクラウドタイプのサービスのため、導入コスト削減が期待できるだけではなく、自身でのバージョンアップ作業も不要です。

使いやすさを追求

様々なシステムが搭載されているコミュなびですが、それらの機能も使えなければ意味がありません。

そこで、分かりやすい使い勝手を追求。気軽にアプリを利用する感覚でシステムを活用できます。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選