お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » CCS(チャイルドケアシステム)

公開日: |最終更新日時:

CCS(チャイルドケアシステム)

120以上の機能を搭載しているCCS(チャイルドケアシステム)について、導入事例や特徴、費用等をまとめていますのでご覧ください。

CCS(チャイルドケアシステム)の導入事例

人員の過不足が一目瞭然

期待していた通りとても便利です。シフトをグラフ状の一覧で見ることができるので、人員の過不足が一目瞭然。

視覚的に過不足が確認できるので、パズルのように「この時間は人員が足りているから、この人を1時間遅らせてもいいな」などシフトを作成しています。(笑)

参照元:CCS公式ホームページ:https://c-c-s.jp/case/beasiam-matsukawa/

至急の連絡にとても有効

これまで保護者が登降園記録簿に手書きで記録していたので、保護者も面倒だし、事務処理が大変でしたから、とても助かっています。

他に、対保護者の機能では〔メール送受信〕が便利です。緊急時はもちろん、至急の連絡にとても有効です。

私が気に入っているのは、保護者がメールを見ると「既読」マークがつくこと。

以前からメール連絡は行っていましたが、読んだかどうかの確認は保護者からの返信だったので、返信メールを開いて確認するというひと手間がなくなりました。

参照元:CCS公式ホームページ:https://c-c-s.jp/case/akebono-hoikuen/

ランニングコストが良かった

ランニングコストが良かったのも理由のひとつです。比較した中では一番コスパがよかったと思います。

また、補助金申請をしたのですが、営業の方が親切・丁寧で、申請の手続きもお手伝いいただけたことも決め手となりました。

参照元:CCS公式ホームページ:https://c-c-s.jp/case/universe-dev/

CCS(チャイルドケアシステム)の機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

CCS(チャイルドケアシステム)の費用

※いずれも月額費用

CCS(チャイルドケアシステム)の特徴

3つのカテゴリーからなるシステム

CCSは幼児の体調管理が可能なCCS censor、保育者向けの連携アプリ、保護者向け連絡帳アプリの3つから構成されています。

それぞれが効率化はもちろんですが、業務やコミュニケーションを円滑に行うための機能を多数用意。

スタッフの負担軽減だけではなく、保護者との確実なコミュニケーションも可能にします。

好きな形で運用可能

CCSは3つのシステムから成り立っていますが、例えばCCScensorのみの活用も可能です。

単独での運用、他のシステムとの併用など組み合わせは自由。自園の環境に合わせた形での導入が可能なので、コストパフォーマンスにも期待できます。

最適なプランに関してはCCS側で診断してくれるので、気軽に相談してほしいとのことです。

充実したサポート体制

CCSは3つのサポートを用意。マニュアル、NTTによる電話、そして担当営業。異なる角度からのサポートが用意されていますので、自園に合ったサポートを受けることができます。

また、このような形でサポート体制が充実しているからこそ、常に安心感の中でシステムを利用できることでしょう。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選