お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育ICTシステムの基礎知識 » 保育ICTシステムについて、ICT補助金とは?助成の金額は?

公開日: |最終更新日時:

保育ICTシステムについて、ICT補助金とは?助成の金額は?

保育ICTシステムについて、ICT補助金や助成の金額、IT導入補助金との違いなどを詳しくご紹介しています。気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ICT補助金とは?

ICT補助金とは、保育士の業務の負担を軽減することを目的にされた補助金制度のことで、保育施設のICT化を推進するために必要な費用を、一部補助するもの。ICT補助金制度は厚生労働省が実施していて、金額や条件は各自治体によって異なります。以前から取り組まれてきた保育や介護事業のICT化は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてより注目度を増していますので、今後一気に加速して行くと思われます。

助成の金額について

助成の金額は基本的に、1施設あたり最大100万円が上限です。補助金の負担割合は、国が1/2、市区町村が1/4、事業者が1/4となっています。ICT化推進補助金を活用することで初期費用は抑えられますが、導入する際に実際に必要な備品や、今後活用して行くための費用などを試算しておく必要があります。また、ICTシステムを取り扱う民間企業から購入し、導入となりますので、必要な経費や補助金の概要などを相談しておきましょう。

対象施設について

保育園のICT化の補助金の対象となる保育施設は、保育所・私立保育所・幼保連携型認定こども園・地域型保育事業所(居宅訪問型保育事業は除く)となっていますが、自治体によっても異なります。現在検討しているICTシステムが、最大100万円の補助金の対象なのかどうかは、各システム業者のホームページを確認すると見分けられます。だいたいはホームページのトップページに記載されていると思いますが、わかりにくい場合は直接問い合わせるといいでしょう。

対象となるICTシステムについて

対象となるICTシステムには、他の機能と連動した園児台帳の作成及び管理機能、園児台帳と連動した指導計画の作成機能、園児台帳や指導計画と連動した保育日誌の作成機能の3つの機能が必須です。つまり、園児台帳・保育日誌・指導計画書の3つのドキュメントが連動したシステムでなければならないということです。

ICT補助金とIT導入補助金との違い

ICT補助金は保育士の業務の負担を軽減することを目的にされた補助金制度のことですが、IT導入補助金とは、事業者が業務効率化や稼働率の向上を目的としてITツールを導入する際に、費用の一部を補助する制度です。ICT補助金は厚生労働省が実施していますが、IT導入補助金は経済産業省が実施しているもので、国が補助金を支援することで企業がITツールを導入しやすくなりますので、生産性の向上や、業務の効率化を実現しやすくなるという目的があります。

補助額の違いについては、ICT補助金は補助金額が1施設あたり最大100万円ですが、型によって違いがありますが、IT導入補助金は30万円~450万円の補助が受けられます。ICT補助金は、経費の3/4までが支援の対象になることが多いと言えますが、IT導入補助金は通常枠の場合はその費用の1/2、低感染リスク型ビジネス枠の場合はその費用の2/3を補助するとされています。以上のように、ICT補助金とIT導入補助金では補助される割合が大きく異なりますので、違いを把握することが大切です。

また、IT導入補助金の対象企業は、中小企業の飲食店、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育などのサービス業のほか、製造業や建設業などです。IT導入補助金の規定には資本金や従業員数などの条件がありますので、それらを満たせば補助が受けられます。IT導入補助金は、その年度によって補助額や申請期間が変わる制度ですので、忘れないように確認しておくといいでしょう。

保育業界では、実際に帳票や書類作成などをIT化し、書類作成とその提出までの時間が短縮されたという事例があります。社会問題にもなっている待機児童の解消に向けて、保育のICT化が全国で推進されているため、IT導入補助金・ICT化補助金を活用する保育園や幼稚園は、今後も増えて行くと予想されています。

保育園ICT化補助金の申請方法

保育園ICT化補助金の申請方法は、①管轄自治体の補助金実施状況および申請期限を確認する(※補助金が実施されている場合は、合わせてICTシステムの候補の調査・決定を行っておきましょう。)→②管轄自治体に対して事業実施計画書と必要書類を提出・申請する→③事業実施計画書の承認通知を受け取る→④ICTシステムを発注する→⑤システムの導入完了後、ICTシステム事業者に代金を支払う→⑥助成金申請書・添付書類(領収書等)を送付する→⑦決定通知所を受け取る、という流れです。

ICT化補助金に対応している保育ICTシステムを提供している企業の中には、補助金申請のサポートや、申請の代行を行ってくれるところもありますので、しっかりとしたサポートをしてくれる企業を選び、事前に確認しておくと安心です。

まとめ

保育業務の効率化と保育士の業務負担の削減という点では、ICT補助金とIT導入補助金の目的は同じではありますが、制度ごとにその対象や補助額などが異なることを覚えておきましょう。今後の保育業界では、保育士の人材確保に向けた取り組みとして、保育業務のICT化は欠かせないものになって行くはずですので、ICT補助金やIT導入補助金の制度の導入を考えているなら、二つの補助金の内容や違いなどをしっかりと理解し、適切に活用する必要があります。そうすることで大きく業務の負担を削減できますし、より働きやすい職場環境づくりにもつながるかもしれません。保育現場の効率化を図る対策として、ICT補助金・IT導入補助金の概要を詳しく調べて把握しておくことが大事です。それを踏まえて、業務支援システムやITツールの導入を検討するのがいいでしょう。

他に読まれている保育ICTシステムについての基礎知識

保育ICTシステムの
メリット・デメリット

保育ICTシステムには、園児の管理や職員の勤怠・シフト管理、指導計画や保育日誌の作成がタブレットやスマートフォンで行え保育士の業務負担軽減ができるメリットがある一方で、ネット環境が不十分だと効率が悪くなる、保護者の理解が得られにくい場合があるなどのデメリットもあります。

メリット・デメリット
についての詳細をみる

保育ICTシステムの選び方について解説

保育園システムとは、保育園の業務をサポートするシステムを指し、主にパソコン・タブレット・スマートフォンを使って日々の保育記録や事務処理、職員のコミュニケーションなどの保育に関する業務が円滑になるようにサポートするものです。

システムの選び方
についての詳細をみる

保育ICTを導入する際に
必要となる設備とは?

保育ICTを導入する際にどのような設備が必要なのでしょう。こちらの記事では、必要となる設備について詳しく解説しています。保育ICTの導入を考えている保育施設経営者の方は、参考にしてみてください。

導入に必要な設備
について詳細をみる

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選