お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » 園-sien/園-Renraku

公開日: |最終更新日時:

園-sien/園-Renraku

平成2年に創立された歴史ある企業がリリースするシステム、「園-sien/園-Renraku」について、導入事例や特徴、費用などをリサーチしてみましたのでご覧下さい。

園-sien/園-Renrakuの導入事例

請求業務が楽になった

導入前は玄関を開け放って保護者の方が入れるようにしていましたが、保護者がICカードを機器にかざすことで門扉の解錠がされて園舎への出入りができるようになり、防犯面でよくなったと思います。

電気錠での開閉と合わせて打刻を取得できるので延長保育料の集計も簡単に行えますし、請求管理機能と連動することで保護者の方への請求業務も楽になりました。

それまでは集金袋によるお金の管理だったのですが、口座振替にも対応できるため、小口で現金を抱えることもなくなりすごく楽になりました。

参照元:GrapeCity(https://www.serve.jp/_case/case_egaoen.html)

現場に力を注げるようになった

従来は紙ベースで管理していた時刻を集計し、標準時間・短時間も意識しながら計算するのには1日程かかっておりましたが、ボタン一つで集計することができるようになりました。

日々の職員の時間管理がなくなり、集計も瞬時にできるため、大幅な時間改善となりました。

明細書も出てくるので、延長保育を利用した保護者様への説明内訳も安心して案内することが出来ております。

また、職員は時間管理の緊張感から解放され、より現場に力を注ぐことができるようになりました。

参照元:GrapeCity(https://www.serve.jp/_case/case_egaoen.html)

園-sien/園-Renrakuの機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

園-sien/園-Renrakuの費用

園-sien/園-Renrakuの特徴

導入施設1,200園突破

公式ホームページによると、園-sien/園-Renrakuは2019年8月に導入施設が1,200園を突破したとのことです。

保育園やこども園、幼稚園で働く人々の声を集め、形にした「現場生まれ」のシステムは現場からの高い評価を集めています。

現場スタッフの「これがあれば」「こうだといいな」といった声を常に吸い上げ、システムとしていることから、今後もより便利なシステムへの成長が見込まれます。

職員間の情報共有が可能

園-sien/園-Renrakuは職員間の情報共有も可能ですが、「情報」は様々です。

連絡・伝達事項や申し送りはもちろんですが、保護者の声やヒヤリハットデータなど、より注意が必要な伝達事項に関しての情報も共有が可能。

また、情報を共有するからこそ、その後の対応・対策に役立てることもできます。

パソコン10台まで導入可能

園-sien/園-Renrakuはパソコンは10台まで導入が可能です。

ただし、決して10台以上は導入できないことはありません。10台以上の導入を希望する施設は相談してくださいとのこと。

柔軟に対応してもらえる部分ですので、10台以上のパソコンへの導入を考えている施設は一度相談してみると良いでしょう。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選