お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » 園支援システム+バスキャッチ

園支援システム+バスキャッチ

バスに関しての支援システム、園支援システム+バスキャッチについて、特徴や導入事例、費用等をまとめていますのでご覧ください。

園支援システム+バスキャッチの導入事例

複数台の端末で1つのデータを管理

自分たちが構築したシステムがバスキャッチに変わり、職員一人1台のパソコンがタブレットに変わりましたので、使い勝手など向上した部分も多々あります。

もともと、園の運営における流れや職員が行う事務処理そのものは今までもシステムで行っていましたが、バスキャッチはクラウドサービスですので、複数台の端末で1つのデータを管理していることのメリットは非常に大きかったです。

参照元:園支援システム+バスキャッチ(https://www.buscatch.com/solution/kindergarten/voice/index8.html)

複雑な計算も楽に計算してくれる

バスキャッチの「預かり保育の入退室管理機能」と「保育料・預かり保育料計算機能」を使って、子どもたち一人ひとりの認定状況、預かり保育の利用状況に合わせた保育料金の計算を自動で行っています。

認定区分の変更も、園児管理機能の区分変更を行うだけでシステムが、保育料やコアタイムを認識してくれます。

導入前は保育料・預かり保育料ともに手作業で計算をしていましたが、現在の支給認定区分が関係する複雑な計算は、バスキャッチを利用しないとできないと思います。

参照元:園支援システム+バスキャッチ(https://www.buscatch.com/solution/kindergarten/voice/index9.html)

初期費用がかからずに導入できる

一番の理由はコストですね。バスキャッチは初期費用がかからずに導入でき、毎月の使用料だけで、すべての機能を全職員が使うことができます。

もちろん、当園がこうしたい、こんなことができたらいいと考えていたことが、ほとんどすべてシステムとして構築されていた前提があってのことですが。

参照元:園支援システム+バスキャッチ(https://www.buscatch.com/solution/kindergarten/voice/index10.html)

園支援システム+バスキャッチの機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

園支援システム+バスキャッチの費用

園支援システム+バスキャッチの特徴

バスだけじゃないシステム

園支援システム+バスキャッチは、実際にはバスの運行システムだけではなく、園の支援システムもパッケージングされています。

そのため、バスの運行以外の面に於いても負担軽減など様々なメリットをもたらしてくれることでしょう。

バス運行管理の実績多数

バスの運行管理に関しては、幼稚園や保育園以外にもバス運行会社も導入するなど、他業種からも高い評価を得ています。

バスの運行だけがメインではありませんが、バスの運行システムに関しての評価が高いのも事実。

その点ではバスの運行環境改善を考えている施設との親和性が高いシステムと言えるでしょう。

システム要望は無償でバージョンアップ

クラウドタイプのシステムだからこそ、バージョンアップが可能です。

「こんな機能があればもっと便利」「これがあると助かる」等、現場からの声をシステム開発に反映させることで、より便利なシステムへと進化します。

ちなみにバージョンアップは無償なので、負担がかかりません。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選