お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育ICTシステムの基礎知識 » 保育ICTシステムのメリット・デメリット

公開日: |最終更新日時:

保育ICTシステムのメリット・デメリット

保育ICTシステムは、仕事量が多い保育士の業務負担を軽減するため厚生労働省でも導入を推進しているシステムです。保育ICTでは何ができるのか、どのようなメリット・デメリットがあるのか、ご紹介していきましょう。

保育ICTシステムとは

保育ICTシステムとは、ICT(情報通信技術)を使って保育業務を効率化させるシステムです。ITも情報通信技術を意味しますが、ICTには「Communication」が含まれており、インターネットを利用して人と人をつなぐ役割を重視しています。

残業が多い職業だと言われている保育士の業務を効率化・負担を軽減させるため、保育ICTシステムの導入が行われます。

保育ICTシステムのメリット

保育日誌や指導案作成が楽になる

パソコンを使って保育日誌や指導案作成ができるようになり、手書きの負担が減ります。また、前回のデータを参照したり文例を使用したりできるため、作業時間を短縮化することが出来ます。

紙で印刷・保管していたものを端末上で管理するようになるため、ファイル管理やファイルを出し入れする手間も削減できます。

保育料計算のミスが防止できる

手作業による保育料計算の負担が軽減でき、ミスも防止できます。

登園・降園システムでそれぞれの時間が記録されるため、延長保育料を自動計算・算出が可能です。

連絡や情報共有がしやすくなる

おたよりをアプリで一斉送信できるため、わざわざ印刷したり配布したりする手間が減ります。アプリで送信することで保護者がいつでも確認可能となり、プリントの紛失問題もなくなります。

また、緊急時の連絡もしやすくなります。イベントなどの当日の急な時間変更でもアプリやメールで一斉連絡が可能で、伝達漏れリスクを避けられます。

アンケート調査も簡単になる

システムを使ってアンケート調査を行えば、保護者にプリントを配布して回収、集計する手間が省けます。

データ集計もシステムが自動で行ってくれるためミスなく行え、園内で簡単に情報共有できます。

園児の情報が確認しやすくなる

タブレットやパソコンから、園児の名前や誕生日、アレルギーの有無、予防接種についてなどの情報を簡単にチェックできます。

保育ICTシステム導入でできるようになること

写真の共有や販売がシステム上で行える

保育園に掲示してある写真を見て封筒に写真番号を記入・お金を入れて提出とアナログだった写真販売が、パソコンに写真をアップするだけで可能となります。

保護者がアプリ上で写真をチェック・購入するため、保育士が現金を回収するなどの負担が軽減されます。また保護者も現金を用意する手間や、写真番号の記入を間違えるといったリスクを減らせます。

電話ではなくアプリやメールでのやり取りが可能

電話で行っていた欠席や遅刻の連絡が、アプリやメールで出来るようになります。

朝の忙しい時間に電話対応をしなければいけない保育士の負担を軽減するだけでなく、電話を何度かけてもなかなか園に繋がらないといった保護者の負担も減らすことが可能です。

登園・降園の管理が楽になる

今までは保育士が手書きで行っていた登園や降園の時間について、保護者がタブレットやタッチパネルを操作するだけで記録できるようになります。

記入ミスや記入漏れの心配がなくなるだけでなく、登園・降園時のあわただしい時間の保育士の作業を減らすことができます。

延長保育の予約についてもアプリで送信できるようになるため、連絡ミスや記入漏れなどのミスが軽減されます。

園児の情報管理がデータ化できる

園児ごとに紙で管理・ファイルしていた園児の情報管理が、データ上で行えるようになります。園児ごとのファイルは膨大な量となり保管スペースも取りますし、探すのも大変です。

しかし、保育ICTシステムを使えばデータ化して一括管理できるため、必要な情報を探しやすくなる、職員間で情報の共有がしやすくなるといったメリットがあります。

また、クラス替えでのデータ引き継ぎや編集も紙で行うより簡単になります。

保育士のシフト作成が簡単になる

これまで紙で希望を取りそれを調整しながら何度も練り直していた保育士のシフト作成が、システム上で簡単に行えるようになります。

保育士ごとに勤務パターンがテンプレートで登録できる機能、その日に必要な保育士の人数をシフト表で確認できる機能や、保育士によりシフトに偏りがないかを調整する機能のある保育ICTシステムもあります。

保育ICTシステムのデメリットや注意点

様々なメリットのある保育ICTですが、デメリットもあります。導入前に注意しなければいけないポイントについてご紹介しましょう。

ネット環境が不十分だとデータ送信がうまくいかない

ネット回線の速度が遅い、作業する場所によってネットに繋がりやすい・繋がりにくいなど、ネット環境が不十分だと不便です。

データ送信が安定して行えるよう、通信環境をチェック、整備しておかなければいけません。

一定数の端末が必要となる

日誌や書類作成などを行う際に端末が少ないと、1度に作業できる保育士が限られてしまい入力終了まで待たなければいけません。

作業を行うタブレットやパソコンは一定数用意し、保育士が入力したいときに作業できる環境を整える必要があります。

慣れるまで時間がかかる

今まで手書きで行っていた作業をパソコンやタブレットで行うようになると、その操作が苦手な保育士は慣れるまでに時間がかかる可能性があります。

また、保護者向けのアプリを使用する場合、保護者が操作に慣れるまでアプリを使いこなせない場合もあります。

保護者の理解が得られない可能性がある

紙でもらっていたものがすべてデータになるということや、新たなアプリを入れて操作を覚えるということに保護者が抵抗を感じる場合があります。

システム導入前にはしっかりと説明し、メリットについて理解してもらうことが大切です。

他に読まれている保育ICTシステムについての基礎知識

ICT化の必要性が高い保育施設

保育施設にもICT化の波が押し寄せています。保育施設における業務量の増大や事務作業の効率悪化、それによる職員の離職などの問題解決に役立つICT化と保育施設について紹介しています。

ICT化の必要性が高い
保育施設の詳細をみる

保育ICTを導入する際に
必要となる設備とは?

保育ICTを導入する際にどのような設備が必要なのでしょう。こちらの記事では、必要となる設備について詳しく解説しています。保育ICTの導入を考えている保育施設経営者の方は、参考にしてみてください。

導入に必要な設備
について詳細をみる

保育施設で喫食率の向上にICTを活用する

食率は子供の成長にかかわる重要な数字です。喫食率の意味と、喫食率を向上させるためにICTシステムが役立つことを紹介しています。

喫食率向上のための
ICT活用法について
詳細をみる

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選