お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » iChild(アイチャイルド)

公開日: |最終更新日時:

iChild(アイチャイルド)

QRコードを活用することで利便性をもたらしているiChildについて、特徴や導入事例、費用等をまとめていますのでご覧ください。

iChild(アイチャイルド)の導入事例

インターネット上に情報はありませんでした。

iChild(アイチャイルド)の機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

iChild(アイチャイルド)の費用

インターネット上に情報はありませんでした。

iChild(アイチャイルド)の特徴

事務処理のワンパッケージを実現

iChildにはさまざまな機能が搭載されていますが、特徴として「ワンパッケージ」が挙げられます。

たとえば、請求書、領収書や出欠一覧表、さらにはリアルタイムでの確認など、iChildだけで完結が可能。他のシステムを導入する必要はありません。

結果、これまでの業務の効率化により、スタッフの負担軽減が可能となることでしょう。

3つのプランを用意

iChildではエントリープラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3種類が用意されています。それぞれのプランによって利用できるプランが異なります。

ちなみに各プランで利用できる機能は公式サイトに一覧表が記載されていますので、自施設にとって必要な機能は、どのプランで利用できるのか簡単に確認できます。

また、確認することによって、如何にiChildに多くの機能が搭載されているのかもわかるはずです。

導入前のサポート体制も用意

iChildは分かりやすいインターフェイスが特徴ではありますが、導入する前に施設までスタッフが出向き、レクチャーを行います。

スマートフォンで文章を作成できるレベルであれば問題ないレベルとのことですので、多くの人が利用できるのではないでしょうか。

契約前にお試し利用キャンペーンを行っていますので、気になる方は活用してみるのも良いでしょう。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選