お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育ICTシステムの基礎知識

保育ICTシステムの基礎情報

保育ICTシステムは、保育の「Information and Communication Technology(情報通信技術)」。つまり、インターネットを使って情報やコミュニケーションを行い、保育士の業務負担を軽減するため開発されました。そのメリットは、保育士だけでなく保護者にもあります。

保育ICTシステムのメリット

パソコンやタブレットを使い、指導計画や保育日誌の作成、職員のシフト作成、保育料の計算・請求管理や、園児の誕生日やアレルギー・成長記録などの情報管理ができます。

また、保育士や保育園とのやり取りで電話や連絡帳を使うのではなく、メールやアプリなどで行えるようになります。保育園からのおたよりもメールで受けとれたり、写真の共有・販売サービスが使えたりするシステムもあります。

保育ICTシステムのメリット・デメリット

保育ICTシステムを導入する際に身につけておきたいITリテラシーについて

ITリテラシーとは、ITに関する基礎知識やスキルのこと。ITリテラシーには、情報基礎リテラシー、コンピュータリテラシー・インターネットリテラシーがあります。情報基礎リテラシーは、インターネット上から正しい情報を見つける能力。コンピュータリテラシーは、IT 機器を使いこなすスキル。インターネットリテラシーは、プライバシーやセキュリティーに関する知識。保育施設経営者にとっては、どれも身につけておきたいスキルです。

保育ICTシステムを導入する際に身につけておきたいITリテラシーについて

保育ICTを導入する際に必要となる設備とは?

ICTシステムを導入すると、さまざまな事務的作業をパソコンやタブレットで一括に管理することができます。保育ICTシステムに必要な設備はインターネット環境(WiFi設定)、回線業者やプロバイダーとの契約、電子機器(パソコン、タブレット)の購入、システムの設備場所の確保です。場合によっては、回線工事が必要なことも。WiFiを設定すると、電波が届く範囲であれば、園内どこからでもシステムを活用することができ、データの共有も可能です。

保育ICTを導入する際に必要となる設備とは?

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選