お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » KidsDiary (キッズダイアリー)

公開日: |最終更新日時:

KidsDiary (キッズダイアリー)

保育ICTシステムKidsDiary (キッズダイアリー)の導入事例や特徴、費用等についてをまとめていますのでご覧ください。

KidsDiary (キッズダイアリー)の導入事例

時間短縮になり助かっている

先生の連絡帳が手書きから慣れた入力方法になることで時間短縮になり助かっています。

参照元:Kids Diary(https://www.kidsdiary.jp/)

チームで保育できる

勤務時間がバラバラでも子供達の様子をタイムリーに知ることができるため、チームで保育できるところがとても素晴らしい。

参照元:Kids Diary(https://www.kidsdiary.jp/)

待つ時間を気にしなくて済む

送迎バスがリアルタイムで位置情報や待ち時間を見ることができて、待つ時間を気にしなくて済むところが良い。

参照元:Kids Diary(https://www.kidsdiary.jp/)

KidsDiary (キッズダイアリー)の機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

KidsDiary (キッズダイアリー)の費用

KidsDiary (キッズダイアリー)の特徴

「現場の声」が反映されています

管理者・先生・保護者。異なる3つの立場の人間の声が入っているからこそ、どの立場であっても使いやすいシステムとなっています。

分かりやすいと評判が良いのもそのため。マニュアルを熟読することなく、画面を見て直感的に操作できるシンプルなインターフェイスも、現場の声が反映されているからこそです。

充実したサポート体制

KidsDiaryは導入宜雄は専用ダイヤルにてサポートを受けることが可能。

また、利用環境を調査し、常に快適に利用できるようアップデートを行ってくれるなど、導入後も安心できる環境が用意されている点もKidsDiaryの特徴です。

導入した後に困ったことがあっても、KidsDiaryであれば問い合わせ先があるので問題解決が可能です。

無償で新機能を提供できる環境

クラウドタイプだからこそ、常に新機能が無償にて提供されます。

バージョンアップ・アップデートは現場の声を元に定期的に行われており、その都度無償にて新機能が利用できます。

「導入した後に新しい機能が追加されたけどお金を出さなければ使えない」といったことは、KidsDiaryでは起こりません。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選