お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » CoDMON(コドモン)

CoDMON(コドモン)

株式会社コドモンがリリースする保育ソフト、「CoDMON(コドモン)」について、導入事例や機能、費用等をまとめていますのでご覧ください。

CoDMON(コドモン)の導入事例

連絡ミスを防ぐことができている

職員は引継ぎ事項の多い時差勤務のため、直接会わなくても業務連絡が可能になる職員間のチャット機能もすぐに馴染みました。

今までは施設内の掲示板に手書きのメモを貼っていて連絡が行き違いになることもありましたが、コドモンを活用することで連絡ミスを防ぐことができています。

参照元:CoDMON(https://www.codmon.com/i/case/神戸市-こども家庭局-幼保振興課様/)

ペーパーレスにも貢献

午睡チェックの機能は5分単位で記録でき、タッチ一つで寝ている向きの記録も可能で、一括処理の機能もあります。

また、コドモンは身体測定もグラフで表示することができ、保護者にもすぐに情報を共有できます。

紙資料にする手間も省け、その上ペーパーレスにも貢献しています。

参照元:CoDMON(https://www.codmon.com/i/case/ふたば保育所/)

効率化もできている

タブレットでさくさく入力できるので、合間で入力することができたり、場合によっては立ったままでも作業ができてしまうのは嬉しいところ。

おかげで、事務作業にかける時間も短くなっていますし、隙間時間をうまく使うことで効率化もできていると思いますね。

参照元:CoDMON(https://www.codmon.com/i/case/駒沢ほしにねがいを保育園/)

CoDMON(コドモン)の機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

CoDMON(コドモン)の費用

CoDMON(コドモン)の特徴

豊富な実績

CoDMON(コドモン)は2015年にサービス展開を開始して以降、2020年10月1日現在で5,895施設が導入しています。

私立はもちろんですが、全国の自治体・公立施設でも順次導入されているなど、評判の良さが伺えるのではないでしょうか。

サポート体制を用意

CoDMON(コドモン)にはサポートも用意されています。

もしもですが、使い勝手等で分からない点、あるいはトラブルやアクシデントが発生した場合には、電話にて問い合わせが可能。

機能改善をほぼ毎日実施していることから、相談がすぐに形となって現れる可能性もあります。

カスタマイズが可能な汎用性の高さ

幼稚園や保育園もまた、それぞれ異なる環境です。それらに対応すべく、CoDMON(コドモン)は機能のカスタマイズが可能。

すべての機能を導入するのではなく、必要な機能だけの導入が可能。コストの削減はもちろんですが、不要な機能を導入して現場が混乱することもありません。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選