お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » Hoicシステム

公開日: |最終更新日時:

Hoicシステム

低コストで登降園管理機能を利用できる「Hoicシステム」の導入事例や特徴、料金について紹介しています。

Hoicシステムの導入事例

今ではHoicなしでは業務ができない

子どもと向き合える時間が増えたのと残業が減りました。シフトの作成も園児の数が反映されるのでかなり楽になりました。

シンプルなデザインなので、すぐに慣れました。今ではHoicなしでは業務ができないと思います。

最初は抵抗のある保護者もいらっしゃいましたが、今では紙でのやり取りも安心感があると言ってくださってます。

参照元:Hoicシステム(https://www.hoic.jp/case-study/case-study01.html)

簡単な操作で修正ができる

少しでも現場の保育者たちが、ラクに仕事をできる方法はないかと考えていたときにICT化という話を聞き、導入を決めました。

今まで手書きだった部分で修正が必要な部分においても、簡単な操作で修正ができるので作業時間が大幅に減りました。

紙の書類を探したりという手間が省けるように。システムに慣れるまでの業務に苦労しました。

参照元:Hoicシステム(https://www.hoic.jp/case-study/case-study02.html)

時間と場所にとらわれないで仕事ができる

保育者たちは午睡の時間にタブレットにて連絡帳への入力をしたりと時間と場所にとらわれないで仕事ができるようになったと評判が良いです。

先生とのやりとりがLINE、メール感覚でできると好評価を得ています。

参照元:Hoicシステム(https://www.hoic.jp/case-study/case-study04.html)

Hoicシステムの機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

Hoicシステムの費用

Hoicシステムの特徴

リーズナブルに登降園管理を行う「Hoic Light」

Hoicシステムには、登降園管理をメインに使用したい施設向けのサービス「Hoic Light」があります。

低コストで運用できるので、まずは登降園管理からICTソフトを導入したいと考えている園にオススメです。

園児の登降園時には、事前に配布していた個別のICカードを専用のカードリーダーにかざすだけ。スムーズに情報を記録できるので、朝や夕方の混雑を避けることができます。

現場目線のこだわり設計

保育事業主やオーナー、保育者など、多様な現場の声を聞き取り、開発されたシステムです。

つまり現場目線のICTシステムということ。ストレスを感じさせない操作性にこだわり、設計されています。

そのため、パソコンが苦手な人でもスムーズに使用できるので安心です。

手厚いサポートで安心して導入できる

業務効率向上を目指して、サポート体制を整備。Hoicシステムの導入・運用に関するあらゆる疑問に応えています。

電話やメールで対応するほか、有償にはなりますが、訪問サポートも行っているようです。

また、機器の不具合やトラブルにも対応しているので、安心して活用することができます。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選