お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » HoiCa(ホイカ)

HoiCa(ホイカ)

保育者が抱える事務作業の負担を軽減し、離職率低下を促進するために作られた「HoiCa(ホイカ)」についてまとめました。

HoiCa(ホイカ)の導入事例

インターネット上に情報がありませんでした。

HoiCa(ホイカ)の機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

HoiCa(ホイカ)の費用

HoiCa(ホイカ)の特徴

ITシステムを取り扱う企業が開発

HoiCaを開発したのは、ITシステムの開発を行うHappyLifeCreators株式会社。

高い技術力と提案・開発・保守まで一貫する安心感あふれるサービスと柔軟性、スピード性を持った対応力に優れた企業です。

顧客に寄り添い、本当に必要なシステムを提供するHappyLifeCreatorsは、保育業務支援システム「HoiCa」をはじめ、介護・看護施設向け「入床・離床情報共有システム」、受験生向け勉強計画アプリ「ViCCOLA」など、ITを活用した幅広いシステムにより、多彩なニーズに応えています。

顧客が求める課題や要望をしっかりと調査し、的確なソリューションを提案することで、業務・作業の改善に繋げているのです。

離職率低下を目指して事務作業を効率化

HoiCa開発の背景には、保育者不足という深刻な問題が。膨大な事務作業に追われる日々が続くことで、離職する保育者が増加傾向にあるというのもひとつの理由です。

事務作業のほとんどがアナログ式の手作業であることが、残業を誘発し、離職率を高めていると考えられます。

このような課題を解決するために、HappyLifeCreators株式会社は、事務作業の効率化に貢献するICTシステムを提供しているのです。

必要な機能だけを搭載したシンプルかつ低予算のシステム

現場の保育者がどのような機能を欲しているのかをヒアリングし、登降園・お知らせ配信・緊急連絡といった、本当に必要な機能のみを取り込んでいます。

仕事に向かう途中に園児を送り届けている保護者もいるため、登園時の混雑はなるべく避けたいものです。保育者も同様、様々な仕事を抱えているので、手作業での業務をできる限り減らし、登園時に余裕を持って園児を迎え入れることができたら、と思っている人も少なくないでしょう。

このような問題の解決には、スムーズな送り出し、迎え入れを可能にする登降園機能が有効です。

またお知らせ・緊急連絡の機能も、確実な情報共有を実現するために重要と言えます。

これだけの機能では一見不十分のように思えますが、多彩な機能を搭載していても、十分に使いこなせなくては意味がありません。それこそ、コストの無駄遣いになるでしょう。

そのため、使いこなせるだけの機能を搭載した保育ICTシステムを低予算で導入できることは、大きなメリットとなります。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選