お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » KIDSNAコネクト

公開日: |最終更新日時:

KIDSNAコネクト

保育業務全般をサポートするICTシステム、「KIDSNAコネクト」について導入事例や特徴、費用等をまとめました。

KIDSNAコネクトの導入事例

正確な時間を記録できる

一番の課題だった登降園時間の管理や職員の勤怠管理に関しては、正確な時間を記録することができるようになり、導入してよかったと感じます。

登降園管理時間の管理については、正確な時間を記録できるかつ、延長保育の時間のみ抜き出して計算できます。

「登降園時間から延長保育時間だけ確認する」という1工程がなくなり、請求書の作成時間が劇的に時間短縮されました。

参照元:KIDSNAコネクト(https://kidsna-connect.com/site/case/hackberry)

労働状況の把握とペーパーレスを実現

キズナコネクトを導入したことで、職員の労働状況の把握とペーパーレスを実現できました。

まず、職員の労働状況の把握については、これまで「今日あの職員、遅くまで残っているな」というのを目視で確認するだけでした。

しかし、キズナコネクトを利用してから、打刻データとシフト表を紐付けているので、きちんとした実労働時間と残業時間を把握できるようになりました。

さらに、キズナコネクトは、実労働時間を超えた箇所が色付けされるので、ひと目で職員の労働状況を確認することができます。

参照元:KIDSNAコネクト(https://kidsna-connect.com/site/case/chishinkai)

本部が現場の様子を知ることにも役立つ

紙ベースだと本部か現場、どちらかに情報がある状態なので、あらゆる対応が遅くなってしまいます。

キズナコネクトであれば、本部と現場で同じ画面・情報を見ることができるので、打刻ミスなどの修正もすぐに対応ができます。

画面を見ながら打ち合わせなどができるのも嬉しいですね。加えて、本部が現場の様子を知ることにも役立っているんですよ。

システム上で勤務時間を確認すれば、職員それぞれの働き方を把握することができます。

シフトの行事予定を確認すれば、『今日はクリスマス会があるんだ!』というように、保育園での活動も把握できます。

参照元:KIDSNAコネクト(https://kidsna-connect.com/site/case/jcikids)

KIDSNAコネクトの機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

KIDSNAコネクトの費用

インターネット上で情報が見つかりませんでした。

KIDSNAコネクトの特徴

施設横断管理を搭載

単体ではなく、複数の施設を運営している場合、それぞれの施設の情報をまとめなければなりませんが、KIDSNAコネクトであれば施設横断管理機能が搭載されています。

1つのツールで全施設の情報共有が可能。他の施設の情報を集めることで、一元的な管理を可能にします。

シンプルな操作を追求

iPadとカードリーダーさえあれば簡単に操作できる点もKIDSNAコネクトの特徴。

豊富な機能が搭載されていますが、使いにくくては意味がないとの理念から、極力シンプルな使い勝手を追求。機械に疎い人でも簡単に使えることでしょう。

無料トライアルを用意

KIDSNAコネクトでは14日間無料のトライアルが用意されています。

トライアルではあってもすべての機能を無料で利用できますので、施設にマッチしたシステムなのかを実際に試してから判断が可能です。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選