お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » あんしんノート

あんしんノート

「自動福祉」「医療」「保育」といった分野に対し、さまざまな製品を開発している、株式会社クオンテックス。そんなクオンテックスが保育支援システムとして開発された「あんしんノート」について、導入事例や特徴、費用を紹介いたします。

あんしんノートの導入事例

インターネット上に情報がありませんでした。

あんしんノートの機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

あんしんノートの費用

クラウド版

オンプレミス版

あんしんノートの特徴

機能が多くいろんな場面で使える

保育士が操作を行うものや、保護者にも使っていただけるもの、事務職員が使うものなど豊富な機能が使えるのがあんしんノートの特徴

特に保育士が抱えている保育日誌や指導計画、登降園状況など毎日のタスクを効率化させることができるので、業務効率化につながるでしょう。

事務業務の軽減

あんしんノートは厚生労働省の補助金対象となり機能を網羅できているので、管理が大変な請求・集金などの事務作業の軽減が可能。請求書作成や、未納者の案内など幅広く対応しています。

保育士が使う機能が簡単

新しいツールの導入で困るのが使い方です。どんなにいいツールを導入しても使い方がわからなければ意味がありません。あんしんノートは直感的操作ができ、クリックする場所がわかりやすいなど機械操作が苦手な方でも扱いやすいのが特徴。

特に、保育士日誌では、コピー機能もありますので、毎日同じ入力をしなくてはいけない箇所などは手間が省けます。

そして登園状況は登園している園児が一目でわかるよう色がついたり、履歴も確認できるのも便利です。

このように使い方も簡単で日々の業務を効率化できる「あんしんノート」を一度確認してみてはいかがでしょうか。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選