お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育ICTシステムの基礎知識 » 保育ICTを導入する際に必要となる設備とは?

保育ICTを導入する際に必要となる設備とは?

ICTシステムを導入するメリットは、業務量の削減です。保育士の事務負担が減れば、ほかの作業に時間を充てることができます。ICT化するために必要な設備は、インターネット環境、パソコンやタブレット、システムを設置する場所や作業場所です。これらについて詳しくみていきましょう。

インターネット環境(WiFi設定)

ICTシステムにWiFiを設定すると、電波が届く範囲であれば、園内のどの場所でもシステムを活用することが可能です。複数回線の通信もできるので、職員の作業効率もアップします。

回線業者とプロバイダー

回線業者とプロバイダーといっても、たくさんありすぎてどれを選べばよいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。月々発生する契約費用も気になります。回線業者とプロバイダーが一つになったプランや、セットで契約できるプランを選択すると、経費を削減することができるでしょう。業者の間で、価格競争も激しくなっています。それぞれの動きをチェックしながら、施設に合った業者を選んでください。中には怪しい業者もあるのでくれぐれも注意しましょう。

開通工事(必要な場合)

インターネットを利用するには、屋内と屋外の開通工事が必要な場合もあるので、契約をしたときは業者に必ず確認してください。とくに3~4月は契約する企業も増えるため、申し込みをしてもすぐに対応してもらえないこともあります。時期をずらして契約するとスムーズです。開通時にトラブルが起こることも考えられます。回避するためには、業者と事前に打ち合わせをしておきましょう。

電子機器(パソコン、タブレット)

インターネット環境が整ったら、パソコンやタブレットを用意し、システムの設備場所を確保しなければなりません。パソコンやタブレットを使用する理由と、システムの接場所の確保についてみていきましょう。

パソコンを使用する理由

パソコンを使用すると、職員のシフト作成や労働時間の算出などを一括で管理することができます。さまざまな作業をこなす中で、数字や文章を入力するため、長時間キーボートを打つことも考えられます。パソコンを購入するときは、入力しやすいキーボードやマウスを選ぶと、作業もスムーズです。パソコンには、デスクトップとノートタイプがあるので、システムの設置場所や容量によって、作業がしやすいものを選びましょう。

タブレットを使用する理由

タブレットを使用すると、職員の出退勤、園児の登園降園時をICカードで記録することができます。タブレットは場所も取らず、持ち運びもしやすいので便利です。パソコンに比べて、バッテリーの寿命も長く、メモとして使うことができるのもメリット。職員の残業申請や有給管理をスマホのアプリで操作できるICTシステムもあるようです。

システムの設備場所の確保

システムを導入する場合、パソコンやタブレットの設置場所を確保しなければなりません。タブレットはあまり場所を取りませんが、大きなパソコンを購入するのであれば、「置く場所がない!」という可能性も。とくに規模の小さな保育園では、設置場所の確保が難しいのではないでしょうか。慌てることがないよう、導入する前に設置場所を決めておいてください。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選