お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » くらら

くらら

元幼稚園教諭が、自身の経験を生かして作り上げた、幼稚園・保育園・認定子ども園向けシステム「くらら」を紹介。同システムの特徴や機能、費用について調査し、まとめていますので、日々の業務に悩む園の方はぜひ参考にしてみてください。

くららの導入事例

くららの導入事例は掲載されていませんでした。

くららの機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

くららの費用

くららの費用については公式HPに記載されていませんでした。

くららの特徴

元幼稚園教諭が作ったシステム

くららの最大の特徴は、「元幼稚園教諭」が15年かけて作り上げたシステムである点。実際の経験をもとに設計されているため、実際に園で行っている業務内容や手順とのズレがなく、違和感なく使用できるシステムとなっています。

例えば登園受付機能ひとつについても、さまざまな方法を検討・評価することによって最も良いと判断されたものを採用。システムの製作者が長年積み重ねてきた経験が、システムを導入した施設の業務を楽にしてくれます。

保育事務を確実に・効率良く行う

くららは、「保育事務を確実に効率良く行う」ことに特化して作られたシステムです。

例えば「延長保育やバス、お迎えの点呼を間違える」「月末に行っている延長保育や給食費の計算処理に時間を取られている」「指導計画の時間に時間を取られている」といった、よくあるお悩みを解決してくれる点がメリット。

くららには、壁面装飾などに便利なイラスト素材などは用意されていませんが、大切なお子さまを預かる上で重要になってくる保育事務を確実・効率良く行うための機能を豊富に搭載。このことかは「質の高い保育を行える園である」、という強みを生み出すことに繋げられます。

全てのデータを一元管理

全ての保育事務に関するデータを一元管理できる点もくららの特徴です。このことから、全ての園児のデータを先生同士でシェアすることが可能になりますし、1つの業務を行う上で複数のシステムを参照する必要がありません。また、複数のシステム間でのデータのやりとりも発生しないため、連携ミスのリスクもなくすことができます。

またオプション機能として、現在使用している会計システムとの連携も可能。くららで計算した請求金額や入金金額、未納金額などを会計システム上に連動することで、作業の手間を大幅に削減できるでしょう。

保護者専用のWebサイトも用意している

くららには、保護者と園とのやりとりをスムーズにする仕組みも搭載されています。

たとえば欠席の連絡や延長保育の申し込みをする際にも、「電話だとなかなかタイミングよく繋がらない」といったケースがありますが、くららでは専用のWebサイト上で欠席連絡などを行うことが可能。入力された情報は、くららに自動で登録されますので、保育士が見落とすといったこともありません。

また、逆に園からのお知らせがある場合や、万が一災害が起きた場合の緊急連絡を行いたい場合にも専用Webサイトの活用ができます。一斉配信が可能な上にメールアドレスの管理も不要になるため、保育士の業務負担の軽減に繋げられます。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選