お子さんの成長を見守る保育ICTシステム比較 » 保育園業務支援システム一覧 » PIPIO(ピピオ)

公開日: |最終更新日時:

PIPIO(ピピオ)

効率的かつ安心な集金管理を提供している「PIPIO(ピピオ)」の特徴についてリサーチし、まとめました。

PIPIO(ピピオ)の導入事例

インターネット上に情報がありませんでした。

PIPIO(ピピオ)の機能

先生・お子さん・保護者にやさしい
保育ICTシステム比較を見る

PIPIO(ピピオ)の費用

インターネット上に情報がありませんでした。

PIPIO(ピピオ)の特徴

安心してデータを保管できる

インターネットを使用してデータを管理することで、スピーディかつ効率的な作業を実現。書類の保管場所の必要がないため、デスク回りがすっきりします。

インターネット上で保護者や園児の大切な情報を管理するため、不安に思う人もいるかも知れませんが、PIPIOでは確実性を持って個人情報を管理しているので安心です。

従来であれば、手入力や紙に手書きという作業が多かった重要書類をシステム上で入力したり、まとめたりすることで作業時間の大幅な削減に繋がります。

また、必要なデータを検索するのに時間もかかりません。このように保育者の負担が軽減されることで、残業時間も減り、結果として離職リスクの低下にも期待できます。

さらに、システムバージョンアップも自動的に行われるので、常に最新版を使えるのも魅力でしょう。

保育者も保護者も負担なく使える操作性

タブレット端末から各種日誌の作成や、情報の配信を行うことができるので、誰でもすぐに利用することができます。タブレットなので、携帯できるのがメリットでしょう。

園児から目を離すことなく、リアルタイムで日誌を作成したり、臨場感あふれる情報を配信することで、スピーディに正確なデータをまとめられます。

園児たちと触れあえる時間も多くなるので、より良い保育が可能になるでしょう。

また、簡単に操作出来るタッチパネルが用意され、保護者が園児の登降園状況を入力するときも、すぐに完了することが可能に。

そうすることで、朝や夕方の混雑を避けることにも繋がります。保護者の場合、携帯電話や自宅のパソコンから園に対して各種届け出を送信することができるので、とても便利です。

日々の集金管理がラクになる

PIPIOを導入すると、集金管理がラクになります。なぜかというと、PIPIOが集計、請求作業から集金(口座振替・電子マネー)に至るまで、まとめて対応しているからです。

これのおかげで、保護者は現金を用意する必要がなくなり、保育者は各種保育料の精算・集計などの面倒な作業から解放されます。

現金を手元に集めるというリスクがなくなるのも特徴でしょう。

集金管理は、何かと手間やリスクがかかるもの。それを省力化することで、安全に作業時間短縮を望めるということです。

先生・お子さん・保護者にやさしい 機能で見る保育ICTシステム3選